2020年11月24日

GO TOに飛んで飛び散るコロナ風邪

庭石に日向ぼこ寝の天道虫201124
    庭石に日向ぼこ寝の天道虫   


 毎日毎日、
先進県後進県と差別なく、

新型コロナウイルス感染者が増えて行く。
それだけ毎日ウイルウが、

全国各地にばら撒かれて、
増えている。


    庭石に日向ぼこ寝の天道虫



 だから例え、
感染者が減ったとしても、

無症状の感染者は、
人知れず、
どんどん増えて行く。


     GO TOに飛んで飛び散るコロナ風邪



 そうなると、
しらみつぶしにPCR検査を実施し、

感染者および保菌者を見つけ出し、
隔離しなければならない。

こうなると、
良識ある権力者だって、

責任を追及されるだけでなく、
仕事も出来ないくらいに、

忙しくなって、
休めなくなり、

政権も仕事も、
放り出したくなる。


 でも
テレビに映って仕事をてきぱき、

てきぱきこなしていれば、
次の、次か、

ぐらいの総理大臣候補、
かとも見れれる。

その下の官僚だって、
働き甲斐が出てて来て、

将来は事務次官候補、
か、
とも思われる。



 運が良ければ、
暖かくなって、

さすがのコロナも下火になって、
ワクチンがくまなく普及し、

平常に戻る、
かも知れない。




 暖かくなると言えば、
近頃の中国はカネ欲というか、

マネー欲、
元欲に駆られて、

汚職が増えて来て、
習近平氏が取り締まりにかこつけて、

独裁権力を手にして、
同じように、
マネー欲に現をぬかしている。



 自分では国力充実を図っている、
と思っているが、

近隣諸国の外国では、
自由民主主義が脅かされ、

領土領海までが侵略され掛けている、
と考えている。 


 それだけ、
中国は財力武力が強大になり、

周囲の国々には、
軍事大国化して脅威になった、
のである。



 鄧小平が、
共産主義経済を、

資本主義自由経済に改革開放して、
大改革をしたのに、

その流れを一気に止めてしまった。



 平和な東アジアから、
今は戦争一歩手前の、

軍事力強大な核武装国が、
出現して、
脅威を振り回している。

こういうことは、
マネー欲がなせる業なのだ。

即ち習近平氏は、
強欲のマネー狂で、
マネー欲の業欲家なのだ。


 だから、
香港も台湾も、

周囲周辺国の領土領海をも、
欲しがる、
のだ。

今まで通りの改革開放で、
行けばいずれは米国を抜くか、

並ぶかの、
世界一の強大な国になるのに、
である。




     山茶花の蕊肌艶の若さかな
山茶花の蕊肌艶の若さかな201124




     山茶花の薄日集める壺明かり
山茶花の薄日集める壺明かり201124




     泡雲の穴より覗く神無月
泡雲の穴より覗く神無月201124



2020年11月17日

芙蓉の実弾け飛ぶ飛ぶバブル種

泡雲に泡立つ背高泡立ち草201117
    泡雲に泡立つ背高泡立ち草


 米国の大統領選挙はほぼ開票が終わり、
民主党のバイデン候補が、

現大統領のトランプ氏に大勝したようだ。
トランプ大統領は選挙に不正があった、

と裁判に訴えて、
俺が勝ったのだ、

俺が勝ったのだ、
と頑固に主張している。


    泡雲に泡立つ背高泡立ち草




 でも、
考えてみれば、

投票所投票にも不正があった、
かもしれない、

とは考えないらしい。
郵便投票が開かれた選挙制度と、

米国では広く認められて、
不正がないように、
と考えられている。

投票所投票のように、
銃器をぶら下げるなどの、
投票妨害行為などはない。



 しかし、
トランプ氏も74歳の俺が、

78歳の老人バイデン氏に、
負けるはずがない、

と高を括って油断があった、
のだろう。



 米国ももう国中が、
また世界中が、

次期はバイデン大統領だ、
と認めて動いている。

そういう情勢の中で、
トランプ氏は、

ドン・キホーテーのような役を演じ、
トランプ劇場を演じているように見える。

根っからのショーマンシップ・マンだ。
そのうち、

何とかショーの司会者のようにまた、
バイデン大統領は「首だ!!」、

「首だ!!」、
などと言い出す、
だろう。



 そうそう、
日本にもトランプ氏によく似た、

またよく馬の合った人が、
つい先ごろ迄いた。


 急に辞職したがその後の人は、
日本学術会議の会員承認で、

人事だ人事だ、
とか言って、

学術会議から選任推薦権を奪おう、
としている。



 天皇だって、
国民主権の憲法や法を守らない人を、

承認しても良いのか、
国民に問うてみるべきではないのか、

などと言いたい、
だろう。

承認すると天皇の責任ごとにもなる、
とご心配だろう。



 そうは言いながら、
最近の物価は鰻上りに高くなった。

それと同時に天引き税金も鰻上りである。

また、
GO TOイートやトラベルなどで税金をサービスし放題だ。

年寄りはコロナ、コロナで、
命の心配をして、
とても出歩けない。

それなのに株価だけは、
バブル崩壊後の最高値を付けて、

2万6千台を回復したと、
テレビが報じていた。

もうバブルの域まで回復したことになる。

バブル回復経済レベルを超えたから、
もう今現在は、

バブル経済化して、
バブル経済そのもの、
なのである。




    狭庭には根こそぎなきや石蕗の花
狭庭には根こそぎなきや石蕗の花201117




    定年年金聞き合う野菊の蟻二つ
定年年金聞き合う野菊の蟻二つ201117




    芙蓉の実弾け飛ぶ飛ぶバブル種
    芙蓉の実弾け種々風を待つ
芙蓉の実弾け種々風を待つ201117




2020年11月10日

山茶花やほの初恋の遠淡し

網を張り天に秋の日の女郎蜘蛛201110
    網を張り天に秋の日の女郎蜘蛛 


 アメリカの大統領選挙は、
民主党のバイデン候補が、

現職のトランプ大統領を接戦の末、
勝利した、
ようだ。


 でも結果は、
フェイクニュースなのかどうか、

トランプ大統領が裁判沙汰にして、
ごね得を狙っている、
ように見える。


    網を張り天に秋の日の女郎蜘蛛 


 ごね得と言えば、
地球温暖化が2050年で、

温暖化ガスの排出を各国ともゼロにする、
というような、

何か区切りの目標があるらしく、
日本の目標も、
そう決めたらしい。


でも、
温暖化が起こると、

水に溶け込んでいた温暖化ガスは、
水や氷から吐き出される。
それでまた増えていく。 


 逆に冷え込むと、
波や雨や雪とかにも、
その温暖化ガスは融け込んでいく。

そのまま深海にまでも小さい小さい微粒子の泡となって、
強い圧力の下、

ドライアイス化して、
地球の泥に取り込まれて、

地球海底の、
岩石の一部になる、
かも知れない。

等など、
分からないことが多い。



 でも、
これが人間欲の、

マネー欲のなせる業と考えれば、
家電製品や自動車産業の先の、

その産業が見通せなければ、
その先の産業として、

考えられたのが、
温暖化ガス対策への、

産業なのであろう。
それには世論のムードが必要なのだ。

太陽光発電とか、
風力発電とか、

石油に代わる水素ガス利用とか、
効率の良い蓄電器の開発等々、

他にも一杯ある、
のだろう。


でも人間が増えれば、
増えるだけ、

その分のエネルギーは、
増えて行くから、

温暖化は止まらない。
止まらない。


それより何より、
地球上に日光を遮る黒い雲、

そういう雲を作って上げた方が、
大火山が噴火したときや、

小惑星などの流れ星が、
落下したときのように、

地球の寒冷化を起こした方が、
よりベッターだ、
かも知れない。


どっちが儲かるか、
マネー欲、
次第だろう。




   山茶花やほの初恋の遠淡し
山茶花やほの初恋の遠淡し201110




   山茶花の乱れて蕾見えに見ゆ
山茶花の乱れて蕾見えに見ゆ201110




   泡々と泡濃き暮らし神無月
泡々と泡濃き暮らし神無月201110